Steamでもシューティングゲームをしようじゃないか(Sky Force Anniversary編)

Steam版XIIZEALの開発を始めるにあたって、そもそもどんなゲームがリリースされてるかもよく知らない状態だったので、Steamのゲームがどのような仕様で作られているかを知るためにいろんなゲームを体験してみた。もちろんシューティングゲームも。

 ゲームセンターのようなシューティングや家庭用ゲーム機向けのシューティングはあまり種類は無いが、それと比べるとジオメトリウォーズの様な左スティックで移動右スティックで任意の方向に攻撃といったスタイルのゲームはよく見かけるが、そもそもFPSではないシューティングがうまくジャンル分けされておらず検索性が悪いのでなかなか網羅しにくい。好みのゲームを探すこと自体がゲームになっている。そんな感じで不意に目にしたゲームがSky Force Anniversary。当社もShooting Love 10th Anniversaryってタイトルのゲームを出していたので親近感を感じつつプレイした。

 ショット連射速度が固定だったりオブジェクトの動きが全体的に緩めなところがスマートフォン由来のゲームな印象。(本作はiOS/Androidに出ていたゲームのPC向け調整版)
しばらくゆったりとしたゲームが、アイテムを集め自機をパワーアップするする事が出来るようになってくると様子が変わってくる。同じステージもパワーアップ後にプレイすると敵全破壊やノーダメージといった目標達成が絶妙な難易度で味わえる。

 序盤は彩京ストライカーズや東亜プラン的な雰囲気が徐々にCAVE的な要素が入りつつ隠し味でどこかのシューティングで聞いたような効果音が流れてきたり。それに限らずいろんなシューティングゲームを研究しそれをうまく吸収して絶妙なバランスに仕上げている。とても愛を感じる。

sfa_ss5
美麗なビジュアルが素敵

iOS/Android版もやってみたが、携帯端末に自分が慣れていないだけかもしれないが、PC版の方が断然面白い。というか、別物だ。携帯端末向けの縦長画面から最近のPC向けワイド横画面にアレンジされているのだが、まるで元々ワイド画面用に作られていたかのように敵や敵弾の速度、自機速度や背景のスクロールバランス等がとてもいい。ワイド画面向けに作られた縦シューティングとして初めてちゃんとしたものを遊んだ気がする。大量の敵弾/オブジェクトやスクロール速度でごまかしていないところがまた凄い。オブジェクトの出現数が8bit時代のゲームの様に少ない局面も多いのだが、そういったときによく起こるスカスカな印象を感じない。次の敵出現やゲームの目標といった緊張感を持続できるようなゲームデザインがなされている。

 まとめると、シューティングゲームが好きなSteamユーザーでありながらSky Force Anniversaryをプレイしていないなんて、もったいない。って事だ。


Sky Force Anniversary のSteam商品ページ
sfa_sp

Xbox 360コントローラーで遊びやすいよう調整されているのでぜひ使おう!

ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~ VER.B 配信!

ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~ VER.B 変更点 (ゲームセンター版)

8月6日配信

主にXbox360版で追加/修正した内容をゲームセンター版に反映したものです。

 主な変更点

  • ゲームテストモードにサウンドテスト(音量変更)追加
  • [ペンゴ!] シングルプレイ時☆を失わずに最終ラウンドに到達するとブラックペンゴステージ出現
  • [ペンゴ!] (LASTMAN STANDING 時)CPUペンゴの有り無しを選択可能
  • [COMBATZEAL] SFステージの敵配置修正
  • APM SYSTEM MENUで2P側から投入したクレジットがゲーセンラブ。で反映されない事があるのを修正

※バックアップデータは前バージョンから引き継ぎますが、各ゲームのスコアを調整した為ハイスコアデータはリセットされます。

Xbox 360『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』ダウンロード版配信と旧作のプライスダウンのお知らせ

Xbox 360『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』のダウンロード版(ゲーム オン デマンド)の配信を7月24日に開始しました。価格は5,832円(税込)。
ゲーセンラブ。の配信に合わせて、2009年2月19に発売したXbox 360『シューティングラブ。200X』ダウンロード版の配信価格を3,024円から1,944円(税込)に値下げしました。
併せてどうぞ!

xb360_ゲーセンラブパッケージ_128
(xbox.com)マーケットプレース『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』のページ

xb360_シューティングラブ200xパッケージ_128
(xbox.com)マーケットプレース『シューティングラブ。200X』のページ

シューティングラブ。トリロジー(仮称)

slt_logo_g
『シューティングラブ。トリロジー』(仮称)はXbox Oneの新しいシステム『チャレンジ』を斬新な解釈で活用した新しい体験を届けるシューティングゲームです。
ゲームセンター向けアーケードスタイルのゲームを一途に探求し続けるトライアングル・サービスの新世代シューティングゲームに御期待下さい。

ペンゴ!プレイ人数

 ゲームセンター版/Xbox 360版『ペンゴ!』の最大プレイヤー数は4人となっております。
本ゲーム初出ロケテストの際は8人同時プレイ版(RINGWIDE版)を使用していましたが、現在稼働しているオールネット(ゲームセンター)版は様々なゲームが動作する仕組みのシステムに組み込まれている都合上4人までとなっております。残念ながら現在8人でプレイできる環境は存在しません。
 ゲームセンターでは対戦格闘スタイルの背中合わせな筺体に入ってる事が多いため4人プレイ環境で置かれている事は珍しいですが、まだ見たこと無いから試してみたいなんて思った場合、APM版『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』取扱説明書に接続例載せてありますので御参照頂けるとよろしいかと思う次第。
pen_8
8から4へ。いつかまた。

Xbox360『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』発売中!

ギンガフォースの話をしよう

Xbox360ゲーセンラブ。がひと段落して、よし、積んでたゲームをやりましょうと。はじめてみたギンガフォース。しばらくプレイしてみて、しっくりこない…なんでだろう?と考えながら最初のステージを繰り返してプレイしていて最近何度かお会いしたキュートの方の言葉を思い出す。「どちらかというと家庭用ですね」僕は80~90年代のゲームセンターのゲーム、中でもシューティングゲーム全盛期の熱さにどっぷり漬かっていた人間なので、シューティングを考える時はどうしても頭に“ゲームセンターの”が付いてしまう。それに対しての家庭用だ。
続きを読む