Steamに見たもの

自分は子供のころから本を読むのが好きで、文章だけでワクワクさせてくれる作家さんに憧れています。本屋へ行くと本棚の島があって出版社別、そして作家別の棚がある。その作家のための棚があるって事が作家のステータスなのではないのかと思う。それが全国に広がっているのがとても素敵だ。
ゲーム屋さんは本屋さんと流通の仕組みが違うので同じような景色にはならないし、陳列される期間も本ほど長くはない。
特定のゲームプラットフォームに縛られないSteamならば販売期間も長いだろうし、本屋さんのような棚を作るような事が出来るかもしれない。日本だけではなく聞いた事もないような名前の国の人にも見てもらえるかもしれない。シューティングの棚を作る。そして、TRIANGLE SERVICEの棚を作ろうといった考えでSteamのプロジェクトに取り組んでいました。ザ・シューティングゲームを6タイトル。ひとまず休憩です。

Triangle Service Shmups Collection
トライアングル・サービス コレクション