TRANSITION 2015で紹介したシューティングおさらいしておきます。

TRANSITION 2015
こちらの発表でお薦めしたシューティングをまとめておきます。
『PCでシューティングをしようじゃないか』

 
 ポイント

  • 戻り復活
  • 味のあるドット絵
  • PCエンジン的心地良いサウンド
  • とってつけたようではないちゃんとしたゲームデザイン

敵の武装を手に入れるとか、敵に乗り移るゲームは過去にもあって、大きな声では言いませんが、シューティングゲームを作る為にそういうシステムを無理やり入れたような感じがあったと思うのですが、このゲームの場合はゲームデザインありきでシューティングを作っているようで最後までちゃんとしています。
シューティングが先がゲームデザインが先か
ミスした時にその場復活のゲームだと連続コンティニューでさらっとクリアしちゃったりするんだけど、このゲームは戻り復活があるおかげもあって丁寧にプレイ出来るので、ずいぶん前ですが、最初のグラディウスをゲームセンターでやっていた頃は難しい場面をどうやってクリアすればいいかを ゲームして無い時間(学校で授業中とかに)あそこどうすればいいんだろうなんて事をイメージしたりして早くゲームセンターに行きたくなったりしたんですけど。 これはそういった想像力を刺激してくれる良いシューティングゲームです。

このゲームを将棋で例えると『詰将棋』

ポイント

  • 画が綺麗
  • 王道アーケードスタイル
  • ワイド画面縦スクロール
  • プレイヤーの有利さが心地よい

ワイド画面縦スクロールシューティング。
敵や敵弾の移動速度がゆっくりだけど、自機はアナログスティックの操作で高速移動も出来るし慎重にゆっくり動く事も出来ます。プレイヤーが敵の攻撃状況を見て余裕を持って対応して行ける落ち着いて楽しめる良いゲームです。

このゲームを将棋で例えると『ワイドな将棋』ワイドな縦シューなのにシューティングとしての面白さが変わらないのが素晴らしい

ポイント

  • 画が綺麗
  • Unityを使った今時のスタイル
  • 敵の動きが固定
  • 安全地帯を探すゲーム

よく見ると、どの敵も決まったパターンで動いています。このゲームにはプレイヤーの位置に合わせて行動を変えてくる敵は存在しません。最初に出てくる敵からして正面に回る隙を与えてくれません。このゲームにはやられ役って概念は無いのかって突っ込みたくなります。見て避けられる攻撃ではないのでひたすら安地帯を探すゲームになります。かといって単調でつまらないかというとそうでもなく、敵の動きを見極めてストイックに生き延びる方法を考えて行くのはなかなか楽しい。日本のSFとは違うSci-Fiなデザインがメカ好きにはたまりません。
このゲームの開発会社は前にストラテジーゲームを作っていて、それを踏まえると、かつてイースとかソーサリアンとか作っていたファルコムが作ったシューティング 『スタートレーダー』を遊んだ時の感じがよみがえってきます。 開発者の作法の違いを味わう感じ。

このゲームを将棋で例えると『香車とか飛車、角、飛んでくるものばかりの将棋』導線を見て安全地帯を探さないといけない。