Sky ForceとPocketPCとXIIZEAL

Sky Forceオリジナルは10年ぐらい前のPocketPC版だ。PocketPCとはWindowsCE(Windows Mobile)が搭載されているモバイル端末の事だ。XIIZEALも10年ぐらい前にPocketPC版がリリースされている。当時ヨーロッパでPocketPCが流行っていてゲームの売り上げも好調だったようで、ウクライナの会社からオファーがあった。Sky Forceはその隣の国ポーランドのINFINITE DREAMSが製作している。当時のSky Forceをプレイしてみたいところだが、残念ながら入手するのは難しそう。

PocketPCは機種にもよるだろうがプレイステーションのソフトをソフトウェアで再現出来るぐらいのスペックがあり、当時エンジニアがXScale用のプレステエミュレーターの出来がいいんだぜなんて言っていた。

XIIZEALのPocketPC版はびっくりするぐらい快適に動作して、オリジナルのアーケード版と遜色ないレスポンスでプレイ出来た。いちばんおもしろかったのがペンでの操作。画面上の自機を指す感じで左右に激しくこするとサイドアタックが気持ちよく出せた。まるでペンでの操作を最初から想定して作ったゲームのようだった。

PPC
動作検証用に用意していたPocketPC端末。左からW-ZERO3/Axim X50v/W-ZERO3(es)刺さっていたSDカードが256MBなところに時代を感じる。
当時はこんなでかい端末(W-ZERO3)で電話してるの恥ずかしい!って感じだったけど、10年経ったらみんなこんな大きさの端末で電話してるという。

出来がよかったのでもっと広めようと思って、W-ZERO3の通信会社に行ってプリインストールしませんか?って話してみたら、エンジニアの人はこんなゲームが動くんですねってテンション上がってたけど、実現はしなかった。その頃任天堂DSもあったので京都に行ってペンで遊べるシューティングゲームあるんですけど、出させてくれませんかね?って言ったところ、こんな常時こするゲームはあかんですわ。そんな事言われました…
確かにそうだ。壊れちゃう。

ヒロシ&
ゲームセンター版は、いかに要点でレバーを振りまくれるか、体力も酷使する前のめりなゲーム。PocketPC版はレバー操作の新しさを味わうゲーム。
Steam版はコントローラーの他キーボード操作にも対応している。←→キーを巧みに連打してサイドアタックを繰り出すのもまた楽しい。キーボードで遊ぶシューティング、ホビーパソコン世代には懐かしい。

そんなXIIZEALのPocketPC版はリリースまでに時間が掛かり、PocketPCの人気が失速してSymbianやBrackBerryの様な文字入力に最適化された端末に人気が移りiPhoneまで登場する頃のリリースだったのでタイミングが悪かった…
今と同じでモバイルデバイスの環境変化のスピードはとても速い。

manga
PocketPC版発売当時の宣伝マンガ

PocketPCのシューティングゲームが10年経ちAnniversaryを冠してSteamで再び同じプラットフォームに並ぶのは、なんだかちょっと感慨深い。

XIIZEAL Steam商品ページ
XIIZEAL_logo_256
Sky Force Anniversary Steam商品ページ
sfa_logo_256

XIIZEALのXbox360版は[Shooting Love 10th Anniversary – XIIZEAL & ΔZEAL -]