Xbox 360 シューティングラブ。10周年 『開発こぼれ話』その17『シューティングラブ。ディケイド』その3[第2期トライアングル・サービス]

トライジールトライジール
トライジール2004年
デルタジールの精神的続編となる3Dを用いた王道スタイルのシューティング。本作以降のプロジェクトは基本3Dを用いて製作している。変形する事によりワイド/ミサイル/レーザーを任意にパワーアップする事が可能という実にスタンダードな作りだ。

 

 

シューティング技能検定シューティング技能検定
シューティング技能検定2006年
当社製で最も有名なゲーム。初出は2006年のトライジールPS2版のおまけゲームとして。2007年にエクスジールとの2in1『シューティングラブ。2007』として業務用で稼動開始。
ゲームの腕前を『ゲーマー年齢』として測定するシューティングゲーム。ゲーマー年齢以外にも、失敗する事が楽しさに繋がるゲーム性や残機制廃止、コンティニューやゲームオーバーが無く誰でも最後まで遊べる。といった業務用シューティングの常識を覆した革新的なゲーム。あまりそういった褒め方をされないので自分で書いてみる。
2007年には本作の対戦をフィーチャーした全国大会を開催した。

 

エクスジールエクスジール
エクスジール2007年
トゥエルブジールの精神的続編となるシューティング。
レバガチャをする事によって短時間で溜められるチャージショットを軸にギミックを凝らしたステージを進んでゆくシューティング。トライジール開発時に掴んだNAOMIの特性を活かす為のゲーム性でも有る。背景の多くは私が製作した。本作はシューティング技能検定との2in1で当初はエクスジールを売る為に技能検定はおまけで付けるといった関係だったが、技能検定の方が好評だった為、本作がおまけの様な扱いになっている。
今回映像を収録する為に久しぶりにプレイしてみたところ、実にオモシロい。トゥエルブジールの時に実現できなかった仕掛けがどういったものだったかを忘れてしまうぐらい久しぶりにプレイしたのでイロイロ新鮮。こういった変化球のシューティングもたまに遊ぶとじわじわ楽しくなる。そういったものは他社さんからは出る気がしないので、またいつかトライしたい。
本作までが高校時代の同級生にデザイナーを務めてもらった第2期トライアングル・サービスだ。